信用取引では利益を重視

信用取引で株の売買による資産形成を実現していくためには、現物取引をするのに比べて大きな利益を上げる必要があります。信用取引ではお金を借りるために金利を払い、株を借りるために貸株料を払わなければなりません。取引手数料だけでなく、金利と貸株料も考慮して十分に利益がある状況を作って売買を行わなければならないのです。現物取引をするよりも利益重視で行わないと資産形成につなげていくのは難しいことは念頭に置いておきましょう。

信用取引での株の選び方

信用取引での株の選び方の基本は短いスパンで考えて選ぶことです。値動きが激しい株を選んで売買すれば大きな利益を生める可能性が高まります。長期的に株を持っていたり、空売りをしたままにしたりしてしまうと金利や貸株料が問題になってしまって最終的に損切りになってしまいがちです。期間を短めに設定して、すぐに値動きを起こす株を探して売買するように心がけましょう。現物取引をするときとは視点を変えないと失敗するリスクがあります。

短期勝負に向いている信用取引

金利と貸株料の影響から短期での売買に向いているのが信用取引は短期勝負に向いていると言えるでしょう。自分が本来持っていないはずの資産を借りて運用できるという点からも短期で速やかに資産を増やすのに適しています。信用取引を行うときには短期間で集中してしっかりと情報収集を行い、株の動きを十分に理解した上で臨むようにしましょう。それが信用取引で失敗しないために最も重要なことであり、資産形成につながる視点です。

株の信用取引の金利はとても重要です。なぜなら金利はやはり、ちりも積もれば山となる要素が特に強いからです。