不動産投資で行う資産形成

不動産投資をして資産形成をしたいと考えたときには大別すると二つの方法があります。一つは不動産そのものを購入して自分で賃貸経営をして収入を上げていくという方法です。もう一つはファンドを購入する方法であり、投資信託であるjリートが代表的な候補になるでしょう。どちらがはっきりと優れているという点がないからこそ両者が存在しています。資産形成を行う際にかかる負担に対する考え方に応じて適切な方を選ぶのが良いでしょう。

少額投資ができても違う点

少額投資で始められるのは現物購入でもjリートでも同じです。ただし、現物購入の場合には不動産ローンを組まなければならず、借金を負うことになるという点は違います。jリートの場合には借金をすることはなく、自分の資金の範囲内での投資を行うことになるのです。レバレッジを利かせられるという点では現物購入が優れていますが、失敗したときのリスクが大きいのも確かでしょう。ハイリスクハイリターンなのが現物購入なのです。

経営を行う視点の重要性

不動産投資で現物購入をすると不動産経営を行って家賃収入を得ていく必要が生じます。それに対してjリートの場合には経営は会社側が行ってくれるため実質的な負担はありません。この点についても良し悪しであり、自分で経営努力をして行きたい人にとっては現物購入が向いています。しかし、jリートであれば経営負担を受けずとも専門家による経営が行われるため、高い利回りを実現してくれる可能性が大きいというメリットがあるでしょう。

j_リートのファンドを選ぶ際は、利回りだけでなく安全性にも気を配ることが大切です。リスクの少ない不動産を購入して運営しているファンドを選ぶことが求められます。